先日の大雪の影響で、首都圏では物流にも随分影響が

出ていましたが、今朝起きて外の車の音を聞いていても

まだチェーンを装着したトラックの音がしますので、

完全復旧にはもう少し時間が掛かるのかもしれません。

 

当社が保守サポートしている客先でも、当日から

渋滞や通行止めによる配送の遅れや、物流センターから

の出荷に必要な資材納入が間に合わず出荷遅延となる

などの影響が出ていたようですが、この客先では

東日本大震災のときの混乱を教訓に、その後継続して

BCP(事業継続計画)を練ってシステムや要員教育など

対策を施していましたので、今回のケースでも遅配を

避けるために諸々活用されていました。

 

物流の場合は、必ずモノが移動する世界ですので、

災害時の混乱は避けては通れませんが、それだけに

常日頃からの備えが差となって表れてくるのだと

思います。

我々もサービスを提供する立場として、良いサポート

が出来るよう、社内外で普段から考えておきたい

ものです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA